人物

石垣のりこの元夫(旦那)はどんな人?子供はいる?離婚原因についても調査!

立憲民主党議員の石垣のりこ氏が不倫をしていたことが報じられ、元夫から訴えられているようです。

石垣のりこの元夫はどんな人?

石垣のりこに子供はいる?

元夫との離婚原因は?不倫が原因?

この記事ではこんな疑問にお答えしていきます。

石垣のりこ氏といえば、安倍前総理が体調を理由に辞任する際、それをネタにしたツイートで炎上し非難をあびた方です。美人議員としても有名な彼女ですが、離婚の原因は不貞行為だったのでしょうか?

そこで今回は「石垣のりこの元夫(旦那)はどんな人?子供はいる?離婚原因についても調査!」と題して、石垣のりこ氏のプライベートについて調査していきます。

菅野完の妻(嫁)はどんな人で子供は?石垣のりことの不貞行為で離婚?立憲民主党議員・石垣のりこ氏との不貞行為が報じられている「菅野完(たもつ)」氏 菅野完の妻(嫁)はどんな人で子供はいる? ...

石垣のりこの元夫(旦那)について

石垣のりこ氏の元夫(旦那)男性については、おそらく「一般男性」であったということもあり明らかにされていません。

現時点でわかっているのは、元夫男性の苗字が「小川」であることです。

議員として立候補する以前は、ラジオ局アナウンサーとして活躍しファンも多かった石垣のりこ氏。

それだけに結婚相手である夫については、たびたび注目されてきたようですが、結婚自体を大体的に報じられていなかったことから、夫に関する情報(プロフィール・顔画像・職業・年収)は一切ありませんでした。

石垣のりこはデキ婚だった?

石垣のりこ氏はラジオ局のアナウンサーとしてつとめていた2009年9月、当時担当していた番組「J-SIDE STATION」で産休を発表しました。

リスナーに対し、結婚の発表をせずにいきなり「産休」を発表したことから、リスナーや世間では「デキ婚」の噂が立ち話題となりました。

当時デキ婚だったのか否か、2021年現在も事実は明らかになっていませんが、いきなり産休を発表するあたり、デキ婚だった可能性は高いと思われます。

石垣のりこには子供がいる?

石垣のりこ氏は2009年に産休を宣言しており「女の子」を出産しています。

その後出産の事実はないようなので、お子さんは「一人娘」になりますね。

気になるのは、過去娘さんに関して発信されていたツイートを削除している点です。

2020年時点では、公式プロフィールサイトに「一児(小4)の母」という記載を入れていたようですが、

2021年現在、その記載は削除されておりお子さんがいる事実は、公式SNS、HP共に確認できません。

多くのメディアでは仙台の自宅で娘さんと一緒に暮らしていると書かれていますが、

昨年度の安倍前総理にむけたツイートの炎上や、2018年度不貞行為などの事実で、娘さんは石垣のりこ氏のもとを離れて、元夫である男性のもとで暮らしている可能性も否定できませんね。

石垣のりこの離婚原因は不貞行為?

石垣のりこ氏と元夫男性は、2014年に離婚しています。2009年の産休宣言から5年後になります。

今回明らかになった、石垣のりこ氏と菅野完氏の不貞行為は2018年。つまり一度目の離婚においては、不貞行為とは別の理由があったと思われます。

 

それではなぜ、今回元夫から訴えられる事態になったかと言うと、石垣のりこ氏は一回目の離婚から2年後の2016年に元夫と復縁。そして同居を再開していることによります。

元夫が起こした裁判の訴状などによれば、石垣議員は元夫と2014年に離婚したが、2016年からは再び同居を開始していたという。その後、2018年12月頃から石垣議員と菅野氏は〈不貞関係を結ぶようになった〉(裁判資料より)と主張している。

引用:NEWSポストセブン

一度別れた夫と復縁し同居生活を始めるほどなので、よっぽど仲が良いお二人なのかと思いきや、同居開始後の2018年に石垣のりこ氏と菅野完氏の不貞行為が発覚。この不貞行為が、今回石垣のりこ氏が訴えられた裁判の争点となっています。

元夫にとってはかなりショッキングな出来事だったでしょうね・・・。

 

石垣のりこ氏はこの訴えに対し、

  • 同居はしていたものの元夫とは肉体関係も存在せず、内縁関係だったことを否定
  • 菅野氏との関係による民法上の不法行為は成立しない

このように主張しているそうです。子供父親と同居を再開している時点で、側から見ると苦しい言い訳のように見えてしまう主張ですが、今後の裁判動向が注目されますね。

まとめ

今回は「石垣のりこの元夫(旦那)はどんな人?子供はいる?離婚原因についても調査!」というタイトルでお届けしました。

それでは今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。