イベント

大國魂神社の初詣2021混雑予想は?混雑回避や分散参拝方法も!

Mysterious Shrine Mountain Japan  - Shingo_No / Pixabay

東京都府中市にある大國魂神社は、なんと約1900年の歴史がある古社で、

開運招福・商売繁盛・交通安全・厄除け・縁結びにご利益がある神社として多くの人が訪れる神社です。

この神社で毎年5月に行われる「くらやみ祭」は歴史ある祭りで有名ですが、

初詣にも毎年多くの人が訪れています!

 

コロナ禍で分散参拝が呼びかけられている昨今ですが、大國魂神社の初詣で気になることと言えばやはり混雑状況ではないでしょうか?

そこで今回は、大國魂神社の初詣2021混雑予想は?と題して、
大國魂神社での初詣混雑情報から混雑回避方法、そして分散参拝方法について調査していきたいと思います!

大國魂神社の初詣2021混雑予想は?

2021年の大國魂神社での初詣ですが、例年とは開門時間が異なる影響から、以下のような混雑状況になると予想しています。

  1. 初詣参拝の混雑ピークは1日の早い時間から発生し、夕方すぎまで収まらない可能性あり(入場規制の可能性も?)
  2. 2日の日中時間帯も、1日と同レベルの混雑が発生する可能性あり
  3. 3日であっても、日中時間帯は混雑
  4. 初詣の混雑が4日も以降まで長く続く可能性も

 

それではまず、2021年大國魂神社の年末年始開門時間を見ていきましょう。

12月31日 6時30分〜18時00分(例年は夜通し開門)
1月1日 6時30分〜19時00分(例年は21時まで)
1月2日 6時30分〜19時00分(例年は20時まで)
1月3日 6時30分〜19時00分
1月4日 6時30分〜17時00分

特に12月31日〜1月2日に関して、開門時間が例年より短縮されています。

 

次に、2020年以前における初詣参拝の混雑ピーク情報です。

例年であれば、初詣参拝の混雑ピークは主に2回。
12月31日の23時頃〜明け方近くまで、そして元旦の11時〜夕方頃です。

その後も3日ごろまでは、日中時間帯を中心に境内の混雑が続きます。
三が日が終わった平日以降(今年は1月4日)であれば比較的混雑がおさまっている様子です!(それでも普段より人は多めです)

 

これを踏まえて2021年の混雑予想をしていくのですが、例年の初詣とは異なる重要なポイントは

  • 12月31日の開門時間が18時までとなり深夜参拝不可
  • 1月1日・2日についても開門時間が短縮され、19時まで

ということです。これにより、混雑のピークが1日早朝〜にずれこみ、4日以降も例年以上の混雑が続く可能性があります。

Shiori
Shiori
混雑のピーク時は、参拝待ちの列が神社外の交差点まで続くことも・・・。見渡す限り、「人・人・人」の状態です。参拝までに2時間前後はみておきたい!

現時点で確定情報は出ていませんが、コロナ予防の理由から境内への入場規制が行われる可能性も否定できません。

特に三が日の参拝を考えている方は、例年とは一味違った初詣混雑となることを念頭に置いておきましょう。

12月31日は、18:00閉門ですが境内、随神門の手前で参拝することが可能です。

 

それでは、この情報をふまえて2021年の初詣の混雑をできるだけ回避する方法についてみていきましょう!

大國魂神社の初詣2021混雑回避方法は?

初詣の混雑回避方法は主に3つ!おすすめ順にご紹介します。

1月4日以降に参拝する

混雑を避けたいということであれば、やはり三が日の1/1〜1/3の参拝は避けた方が良いでしょう。

そもそも初詣は、三が日に参拝できない場合でも「松の内」までに参拝することが推奨されており、松の内は関東では【1月7日】までとされています。

「三が日行けなかったから、初詣にならない」ということはありません。ご安心ください。

また1月4日以降であれば、仕事が再開する方もいますので、参拝する人数も少なくなり、混雑も一定程度収まるのではないかと予想されます。

1月2日・3日であれば、早朝・夕方以降に参拝する

三ヶ日に初詣を済ませたい場合、もっとも混雑するであろう1月1日の参拝は避けた方が無難です。

1月2日・3日に参拝する場合、日中時間帯(11時〜16時)ごろは大混雑が予測されるため、早朝・夕方以降に参拝しましょう。

昨年参拝した方の口コミをみていると、17時の時点でも混雑が続いており、参拝を待つ行列が長く続いていたため、できれば早朝(8時位まで)の参拝をおすすめします!

1月1日であれば、早朝に参拝する

「どうしても1月1日に参拝したい!」という場合は、早朝の開門時間に合わせて神社に向かいましょう。

今年は、12月31日大晦日深夜の初詣ができないことから、1月1日は早朝から混雑する可能性がありますが、日中時間帯の混雑と比較すれば、若干の余裕はあると見込めます。

去年の口コミをみていても、朝8時以前であれば混雑はあるものの比較的短い時間での参拝が可能な様子でした。

 

ちなみに今年は初詣の「分散参拝」が推奨されていますよね。
大國魂神社での分散参拝方法にはどういったものがあるか?調べていきましょう。

スポンサーリンク

大國魂神社の初詣2021分散参拝方法は?

大國魂神社での分散参拝方法について、神社HPに以下の案内がありました。

また授与所に関しては、年末の12月15日(火)より干支縁起物の頒布を行うほか、26日(土)より臨時授与所を開設し正月同様の態勢にてお迎えいたしますので、可能な方は年内のご参拝を、また新年は三が日を避け、できる限り時期をずらして参拝するなど、参拝者の分散化へのご協力を何卒よろしくお願いいたします。

引用:大國魂神社HP

分散参拝のために、例年初詣の際に行う縁起物やお守りの購入は12月中に済ませ、初詣は参拝だけにしましょう。

また、神社に行けない方のために祈祷の郵送受付も行っているようです。
詳しくはこちらのHPをチェックしてみてください。

なお、他神社ではライブ・リモート参拝などの取り組みを行っているようですが、大國魂神社では予定されていません。

例年多くの人が訪れる露店も、今年2021年は自粛のため出店がありません。

まとめ

今回は、大國魂神社での2021年初詣についてご紹介しました。

要点まとめ
  1. 2021年初詣は、例年と比べて開門時間が異なるため混雑のピークがズレる可能性あり。特に1月1日・2日に混雑のピークがあり、3日以降も混雑が長引く可能性あり。
  2. 混雑を避ける場合、1月4日以降がもっともおすすめ。
  3. 1月2日・3日に参拝する場合は、早朝もしくは夕方以降がおすすめ。
  4. 分散参拝として、縁起物・お守り・お札の購入を12月中に済ませ、初詣は参拝だけにする。

露店でいろいろな食べ物を買って食べ歩きするのも、初詣の楽しみの一つ。

2021年初詣はそれができないのがとても残念ですよね・・・。

コロナが気になる昨今ですので、できるだけ混雑を避けて初詣にいきましょう!

 

最後までおよみいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Shiori
Shiori
リケ女ママブロガーのShioriです!普段は会社員として機械系エンジニアをやっています。 世の中の気になること、どんどん発信していきます!
スポンサーリンク